ボックスエレベーターの製造、販売なら当社にお任せ下さい!

ドゥフィーダー用ボールリフター

ドゥフィーダー用ボールリフター

blift02
部分構成(サブ、アッセンブリー)は

  1. 操作盤付き左右のコラム(袖付き主柱R/L)
  2. 駆動部
  3. ボールホルダー
  4. 生地ホッパー
  5. 制御盤及び駆動部点検用ステージ
  6. 補助柱R/L

等から構成されています。

操作手順は中種用ボールをボールホルダーに挿入した後に、生地温度センサーにてボール内の生地温度を測定します。その後温度センサーをコラムのセンサーホルダーに格納後、安全バンドをセットして、生地揚げ作業に入ります。
片手で操作盤側面の安全確認釦を押しながら、もう片方の手を使い操作パネル上の上昇押釦を押し、誤作動を避ける為、更に安全性を高める為に両手にて操作します。上昇動作が保持され、反転前に一旦停止します。この停止は生地投入前の目視による対応機確認の為の上昇中間停止です。其の後、再度両手操作にて上昇釦を押します。ボールホルダーは反転し、生地はシュートを介してドゥフィーダーに投入されます。
これら一連のボールリフター作業は、生地にダメージを与えない様に容器のまま、搬送する事を目的とします。

反転後は設定値(数十秒)後、所謂タイマー入のセレクトに依り、タイムアップ後、自動的に下降動作に入ります。床より約2Mの設定高さで停止します。この停止は下降中間停止です。これより下の下降端までは両手操作で下降押釦を押し続ける、所謂動作を保持させない寸動動作です。
手を離せば瞬時にその場で停止します。以上の繰り返し作業で一連の動作が継続出来ます。
上昇時の安全バンドのセッティングを怠ったり、温度センサーなどの手順異常は音声で誘導されます。更に異常履歴、グリスアップや減速機のオイル交換等のメンテナンス時期もパネル上に表示されます。

(中文)
输送机用面团举缸机操作程序
ドゥフィーダー用ボールリフター2

  • 首先将中种面缸推入托架内,将面团测温器插入面团测定温度,测完后将温度测量器放回原处,然后放下安全把手装置,进入升降操作。
  • 单手按动上升按钮,同时另一只手按动操作盘侧面为避免误操作而设置的安全辅助按钮,面缸开始随托架上升,上升至翻转前-的上升中间位置处停下。
  • 确认可以将面团投入到输送机后,再次双手操作,即同时按上升按钮和安全辅助按钮,面缸随托架继续上升,然后翻转至一定角度停下,面缸内的面团沿进料斗滑道装置滑落至输送机传送带上。这一系列的连续操作,能短时间将原料直接搬运投入到输送机内,尽量避免原材料生面团受到破坏。
  • 面团投入后经过数十秒,面缸和托架开始自动翻转下降(此处等待的时间可根据需要进行设定,也可选择采用人工手动操作方式使其下降),下降到离地面约2米左右的下降中间位置停下。
  • 出于安全方面的考虑,此后的下降动作需要双手持续按住下降按钮和安全辅助按钮,在下降途中如松开手后托架会立即停止,直到面缸着地,下降动作停止。

如用戶需要,可选配语音提示装置,举缸机在上升或者下降时会进行语音提示,出现异常状态时也会提示故障原因,同时在操作盘显示屏上显示异常状态的履历。另外,当电动机工作到达一定时间后,显示屏会提示进行检修,更换减速机润滑油等信息。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 052-604-1711 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Seiyu Engineering Corporation
Copyright(C)  All Rights Reserved.
※当サイトに使用されているデータを無断で使用することを禁じます。
loginaccess